お祝い、ひな祭りにぴったりのお菓子を見つけました。「さぬきのおいり」

お祝い、ひな祭りにぴったりのお菓子を見つけました。「さぬきのおいり」

デパートにある地方のお菓子コーナーで可愛いお菓子を見つけました。

四国、讃岐地方に伝わるお祝い事の引き出物菓子で「おいり」と言うそうです。

私が買ったのは300~400円ほどの小さいパック。

もち米を炒って甘くしたもので、口に入れるとサクッとして、その後ホロホロと溶ける感じです。甘さもとっても上品。

味を楽しむと言うよりは、その姿が何とも愛らしいです。このサイズならお祝いのプレゼントに添えて気持ちを伝えるのにもいいなと思いました。

一緒についていた説明書きには、1587年初代生駒親正公の婚儀の際に、領下のお百姓さんが献上したのが始まりだと書いています。

そう、お姫様感があるんですよ、このお菓子。だからお雛様や結婚に雰囲気がぴったりなんだと思います。

今年はお雛様の前に、我が家の定番「とよすのひなあられ」といっしょに「さぬきのおいり」も飾っていますが、それだけで華やかです。

和だけではなくて、洋にも合います。

味も姿も、和だけではなくて洋にも合います。時々私のInstagramの脇役にもこっそり登場しています。


洋風に食べるならアイスクリームとおいりが一番マッチングが良さそう。ベリー味のムースなど少し酸味がある柔らかいものもいいかもしれません。

別のメーカーさんで、お祝い用に桐箱入りのものがamazonで売っています。

写真をクリックすればamazonのページに行きます。

メーカーさんは色々あるようですが、私が買ったのはこちらでした。10個入りでamazonで売っています。

こんな記事も書いています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)