きょうはおうさまケーキのひ!絵本「カロリーヌとおうさまケーキ」に憧れて、ガロッテ・ド・ロアを買うようになった話。

きょうはおうさまケーキのひ!絵本「カロリーヌとおうさまケーキ」に憧れて、ガロッテ・ド・ロアを買うようになった話。

毎年この時期になると買ってくるのが「おうさまケーキ」です。

本当は「ガロッテ・ド・ロア」というフランスのお菓子で、アーモンドクリームが入ったパイの中に陶器の人形やアーモンドが入っています。ケーキを切り分けて、その陶器の人形が入っている部分を引き当てた人がその年の王様という事になっていて、ケーキと一緒に入ってくる紙の王冠や陶器の人形(フェーヴ)も可愛くて、ついつい毎年買ってしまっています。

ガレット・デ・ロワ – Wikipedia

その年のフェーヴを引き当てた人、つまり王さまは、一年間幸せが続くんだそうです。

元々は公現祭(1月6日)に食べる宗教的なお菓子なんですが、我が家では、ある絵本がキッカケで食べるようになって、いつの間にか、毎年食べる季節のお菓子のようになってしまいました。

「カロリーヌとおうさまケーキ」

子どもが小さい時にシリーズで買って、今も大事にしている絵本に「カロリーヌとゆかいな8ひきシリーズ」があります。

カロリーヌというフランスの女の子と一緒に暮らす8匹の動物のお話です。すごく昔に出版された本なんですが、根強いファンがいて今も世界中で読まれ続けているみたいです。

そのシリーズに「カロリーヌとおうさまケーキ」という巻があって、そのおうさまケーキがとっても美味しそうなんです。(表紙で動物たちが運んでいる大きいケーキです)

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)