苦いズッキーニは毒だから食べちゃダメ!ずっと知りませんでした。

苦いズッキーニは毒だから食べちゃダメ!ずっと知りませんでした。

 

以前、ズッキーニを茹でた時に驚くほど苦くなった事がありました。

その頃ズッキーニの料理の仕方をあまり知らなくて、てっきり自分のやり方が悪かったんだと思いこんでいました。それ以来ズッキーニを茹でたことはありません。

ところが、そう言えばズッキーニってどう茹でたら苦くなくなるんだろうと思って調べてみたら、どうやら苦味は茹でたせいじゃなかったようです。

苦いズッキーニは食べてはいけないものだった!

岡山県のレストランで出されたズッキーニを食べた男女14人が下痢や腹痛の食中毒症状を訴え、数人が医療機関を受診した事例が報告されています。その原因はズッキーニに含まれる「ククルビタシン」というの苦味成分だったそうで、苦いだけではなく食中毒になってしまうなんて、全然知りませんでした。背筋がゾォーーー!!

キュウリやカボチャ等のウリ科植物には、苦み成分である「ククルビタシン」が含まれることがあり、ごく少量でも強い苦みを示し、多量に摂取すると腹痛、下痢等の食中毒様症状を示す場合があるので注意が必要です。

ククルビタシンが原因と強く疑われた事例について – 岡山県ホームページ(備前県民局健康福祉部)

全てのズッキーニが危険な訳ではなく、たまに苦味が非常に強いものがあって、そのズッキーニにはククルビタシンが多く含まれていて危険です。

私が料理したものも、もう「食べられない!」っていうほど苦かったんです。お陰で捨ててしまって大事には至りませんでした。

ちなみにゴーヤは苦くても毒ではないそうです。

こんな記事も書いています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)