コリンキーを料理してみました。加熱するより、サラダにするのが一番コリンキーらしさを味わえる。

コリンキーを料理してみました。加熱するより、サラダにするのが一番コリンキーらしさを味わえる。

コリンキーは日本産のカボチャの1品種で、2002年に品種登録されました。外国野菜のようですが日本で作られたものなんですね。

サラダカボチャ 「コリンキー」|商品情報いろいろ検索|タネ・苗・園芸用品・農業用資材の総合案内:サカタのタネ

IMG_7561

大きさは拳より少し大きいくらい、鮮やかなレモンイエローです。

IMG_7562

半分に割ると中にクリーム色の種が。普通のカボチャのように、種とワタは取り除いて食べます。カボチャと違って包丁がスパっと入ります。力が要らないので調理しやすく嬉しいです。

IMG_7563

皮も食べられますが、今回は生食するので皮は剥いてスライス。鮮やかなレモンイエローはずっと変色しません。まず一口、生のままで食べると何とも言えない生のカボチャだなという風味がします。またはカボチャというより、瓜っぽい気もします。カボチャとの大きな違いは水っぽさと甘みが無いことでしょうか。

この風味が嫌いという事もないのですが、今回のサラダに入れるには合わなさそうだったので、塩を振って10分ほど放置。塩もみすると生っぽい風味は消えました。

IMG_7572_1

サラダに入れると、とても彩りが良くアクセントになります。残りは味噌汁に入れたり、炒めものに使ったりしましたが、カボチャのような甘みはないので、あっさりサッパリした野菜といった印象です。

一番コリンキーらしさを味わうなら、生で使うのが一番です。少しかじってみて、もう少し味の主張を無くしたいと思ったら、塩もみやマリネにすると美味しいです。

他にも色々な食べ方があるようなので、クックパッドやこちらのサイトも参考にしてみてください。

コリンキー>かぼちゃの品種:旬の野菜百科

 

広告

関連記事

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

広告