昔話「ウサギとカメ」は、英語で”The rabbit and the turtle”じゃないんです。

昔話「ウサギとカメ」は、英語で”The rabbit and the turtle”じゃないんです。

「がまくんとかえるくん」の絵本を見ていて、そういえば「がまくん」って英語で何ていうんだっけ?と思いました。

日本人の私たちが知っている動物の名前以外にも、よく使われている動物の名前は色々あって「ふーん、そういう言い方なんだね」と面白く思うことは時々あります。

そう言えば、「ウサギとカメ」のお話も”The rabbit and the turtle”じゃありません。

カエルはfrog。ガマガエルはtoadです。

▼こちら、かえるくん。frogです。アマガエルやトノサマガエルなど、いわゆるカエルっぽいカエル。

▼がまくんはtoad。ガマガエルのことを指します。こんなイメージ。

ウミガメがturtle、リクガメはtortoiseです。

亀はタートルと覚えている人が多いですが、先日、イギリス英語を話す先生が亀をトータスと言っていたなぁと思い出しました。調べてみると、アメリカではカメをまとめてタートルと言うらしいですが、イギリスの方が厳密に陸ガメと海ガメを区別して言うそうです。

▼こちらはturtleさん。海ガメなのでヒレが泳ぎやすそうです。

▼陸ガメさんです。英語ではtortoise。こんな感じで歩く足をもっていますね。

▼じゃあ、日本で一般的なミドリガメはどう?と調べると、”red-eared slider” カメにはsliderという種類もあるらしいです。水にシュッと滑り込むタイプの亀はこう呼ぶんでしょう。

「ウサギとカメ」は、英語で”The Tortoise and the Hare”です。

ウサギとカメの昔話は、一般的に”The Tortoise and the Hare”と言います。アメリカのamazonで検索したら、タイトル「カメとウサギ」「ウサギとカメ」の両方があって、どちらがが先とは決まってないようです。

とにかく、陸の上でかけっこをして競うので海ガメのThe turtleでは走れないカメなのでマズいわけです。その辺りはアメリカでもキチンと使い分けがあるんですね。

そしてウサギもrabbitではなくhareです。

▼hareは野うさぎのイメージ。耳が長く、大きな足でいかにも早そう。

▼こちらはrabbit。耳も短めで、丸い体つき。hareに比べると体も小さめです。

写真にしてみると分かりやすいかなと思って、種類による違いを説明してみました。

こちらは「ウサギとカメ」の洋書の絵本、kindle版。kindleならUnlimitedに加入で0円の本もあります。

かえるくんの人形、ずーっと欲しいと思いながら買う決心つかず。

英語版、「がまくんとかえるくん」のkindleです。

こんな記事も書いています。

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)