ビッグ‐マウス【big mouth】の意味は、「大口をたたくこと」ではなかった。英語の勘違い

ビッグ‐マウス【big mouth】の意味は、「大口をたたくこと」ではなかった。英語の勘違い

先日、英語先生向けの勉強会に行ってきました。

ネイティヴの先生から色々な英語クイズや子ども向きのゲームを習う勉強会だったのですが、その中で出題された英語の慣用句が

ビッグ‐マウス【big mouth】

どこかで聞いたことがある言葉です。

とっさに私の頭にサッカーの中田選手の顔と一緒に、「大口をたたく」という意味が思い浮かびました。思い浮かべられる中田選手もお気の毒ですが、多分メディア等で「ビッグマウス=中田」という組み合わせで見聞きしていた影響なんだと思います。

ところが本来の意味は少し違って「口が軽い、秘密を守っていられない」と言う意味でした。

その場には他にも英語の先生が十数人いたのですが、ほぼ全員が「大口をたたく」という意味だと思っていたのです。何だろうか、この間違い率は!

気にかかって家に帰って検索すると、日本語のサイトでは「大口をたたく」の意味で使われているものばかり。国語辞書には一番目の意味として大口をたたく、おしゃべり、そして口の軽い人、という順番で出てきます。

ビッグマウス【big mouth】の意味 – goo国語辞書

日本の誰かが、ビッグ‐マウス【big mouth】を大風呂敷を広げるという意味で使い始め、日本ではそれが定着してしまったのでしょうか?

念のため、そのネイティブの先生以外に、オーストラリア在住の方に聞いてみたのですが、やっぱりbig mouthは秘密を守れずにしゃべってしまう人という使い方でした。

正しくは、このように使います。

She has a big mouth.(彼女は口が軽い。)

ビッグマウス=大口をたたくという意味は記憶にも残りやすいですし、あちこちで見聞きするうちにチェックもせずに、そういう意味に違いないと思っていました。

クイズとして出してくれたネイティブの先生も、日本の人がみんな間違って使っているので、ずっと気になっていたんでしょうね。

ちなみに写真の魚は「メガマウス」。さすがに口の大きさもメガサイズです。

こんな記事も書いています。

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。