おすすめの単語登録は個人情報。「速さは全てを解決する」(赤羽雄二さん:著)が参考になります。

「速さは全てを解決する」を読みました。この本を書いた赤羽雄二さんは、200~300個も単語登録しているそうです。

単語登録は普段よく使う言葉を、自分が覚えやすい形で登録しておくとサッと呼び出せる機能です。

ニコ

例えば「よろ」と登録しておきます。

すると「よろ」と入力したとき「よろしくおねがいします」と変換候補の一番に上がってきます。

使っている人は「何をいまさら・・・。」というくらい当たり前に使っている機能ですが、200~300個もの単語登録はさすがです。

私は、とりあえず本当に必要なものしか登録していませんが、それでも結構入力が速くなって便利です。

その他にも、この本にはスピーディーに仕事をこなすための考え方などが載っていて、前著のゼロ秒思考と共におすすめの本です。

単語登録初心者は欲張らず、色々試して自分に合うやり方を探そう。

単語登録は、まずは複雑な事はしないで3つくらい登録すると良いと思います。変換ルールも様々あるので色々と試してみてください。

  • あr→ありがとうございます。(最初の文字と次のアルファベット)
  • あり→ありがとうございます。(頭の数文字)
  • ありござ→ありがとうございます。(長ければ略してみる)

ルールは簡単なのが一番です。私は慣れないルールで単語登録して結局ほとんど使わなかったことも多々あります。

最も便利さを感じる単語登録は個人情報。

個人情報は長いものが多いので単語登録に向いています。

  1. 住所・・・「じゅうしょm」(mはmeの略です)と入力すると、「東京都千代田区丸の内1丁目」のように自分の住所が一番最初に出るようにしています。普通に「住所」と変換したいときは「じゅうしょ」と入れます。
  2. 電話番号・・・「でんわm」で電話番号が出ます。「けいたいm」は携帯番号。
  3. メールアドレス・・・「めあどp」よく使うプライベートのメールアドレスが出ます。「めあどs」は仕事用。
  4. 「みぎ」・・・→が出ます。

間違えたくないので正式な名称も単語登録しています。

Facebook、iPhoneなど、正式の表記をいちいち調べるのは時間のロスなので登録しています。

  1. ふぇいす・・・Facebook
  2. あいふぉ・・・iPhone
  3. わーど・・・WordPress(何故か Office のWordより良く使うので)

デジタルで文章を書くことが増えてきて、それを助けてくれる技術も日進月歩で進んでいます。音声入力も気になる分野のひとつです。

 こんな記事も書いています。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも注目されています。

アンビー英語絵本クラブ

お子さんの英語教育に不安を感じていませんか?

アメリカの音声つきオンライン絵本が読み放題+どこでも読める!無料アプリ +週一回のサポートメール

広告