iPhoneの音声入力での句読点、記号とスペース(空白)の入れ方 (2017年3月版)

iPhoneの音声入力での句読点、記号とスペース(空白)の入れ方 (2017年3月版)

時々、自己流ですがiPhoneの音声入力を使って文を書いています。先日スペース(空白)がどうやっても入れられないことに気づきました。

以前とはやり方が変わっていて、自分も解決法を見つけるのに苦労したので書いておくことにします。ついでにiPhoneの音声入力のマニュアルののリンクや、記号一覧も載せました。

指先をケガすると作業効率がガタ落ち!キーボードが使いにくいのでスマホで文を書いています。 | willbe

スペース(空白)は「タブ」で入力可能。

スペースは以前は「スペースバー」と言えば良かったようですが、今は「タブ」(Tabキーの意味)で半角スペースが入れられます。全角は調べきれず、今はタブを二回言うことで何とかしています。

この方のブログに教えていただきました。ありがとうございます。

iPhoneでの記号の入力の仕方と音声入力のマニュアル

Appleサポートで公開されている記号の一覧です。こちらからお借りしました。

音声入力の方法も一通り書かれています。Macとは記号の言い方など異なる部分があります。同じAppleなのに統一すればいいのになぁと思いました。

音声入力する – iPhone ユーザガイド

音声入力する – iPad ユーザガイド

こんな記事も書いています。

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)