コットンボールを使った羊のクラフト。写真映えするのでイースターのイベントにも使えます。

今週のレッスンでは羊がテーマだったので、コットンボールと紙皿を使った羊のクラフトを作ってみました。

時間がある方は脱脂綿で作ればコスト安ですし、とにかく時短という方はダイソーなどでコットンボールを買ってくれば、あっという間に出来上がります。

出来上がったものはこちら。思いのほかリアルで可愛い羊さんの出来上がりです。

用意するもの

  • コットンボール (または脱脂綿)
  • 紙皿(任意の大きさ。今回作った大きさは直径26㎝)
  • 耳(白いダンボール 、またはダンボールに白い紙を貼って作る)

接着に使うものは両面テープ、接着剤、グルーガン、何でも結構です。

作り方

①紙皿の中心から適当な大きさで円を描きます。

②円を切り取ります。最初はカッターで穴を空けて、そこからハサミで切り取りました。

③脱脂綿からコットンボールを作ります。出来上がったものを購入した場合は、この過程は不要です。まず欲しいサイズよろやや小さめに脱脂綿を丸めます。次に薄く割いた脱脂綿で先程の玉を包み、後ろで軽くねじっっておきます。コットンボールのサイズは色々あるほうが見栄えがする気がします。何十個も必要なので、この過程は以外に時間がかかります。

 

④出来たコットンボールを両面テープで紙皿に貼っていきます。上からギュギュッと押さえてしっかり固定します。

 

⑤裏から耳になるダンボールを貼って完成。モコモコして可愛いです。

 

使い方

▼BAA BAA BLACK SHEEPを歌ったレッスンの最後に撮影会をしました。楽しそう。Baa,Baaと英語での羊の鳴き方も教えます。

応用

イースターにはウサギがつきものですが、ヒヨコや子羊もイースターを象徴する動物です。イースターのイベントを華やかにするのにはもってこいのクラフトです。

簡単なので、アクティビティとして、小さめの紙皿を用意して、生徒さん自身に作ってもらうことも出来ます。

後ろに紙で作った帯をつければお面としても使えますし、羊が主人公の発表会やまたは羊の歌(BAA BAA BLACK SHEEP)を歌う時の小道具にもなります。

一緒に読み聞かせる英語絵本は、こちらがおすすめ。

色々なアイデアで使ってもらえると嬉しいです。

こんな記事も書いています。

スケッチノートに役立つ本

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

この記事を書いた人

ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。

こちらも注目されています。

広告