急に飛行機に乗る時に。当日の空港からでも安く航空券を買う方法。

急な用事が出来て東京に来ていました。

帰りの便を予約していなかったので、帰りは直接空港に行って一番早く帰れる便に乗ることに。

フラッと空港に行っても飛行機に乗れるのは良かったのですが、頭が痛いのは航空運賃です。片道、当日、便未定だと通常払うのは最も高いエアーチケットです。

何とかならないのかなぁと思っていたら、出発空港からでさえ安く飛行機に乗る方法がありました。

あきらめないで探してみると色々な方法があるものですね。

株主優待をオンラインで購入する。

まさか空港には金券ショップなんてあるはずないよね?と空港に向かう道中に検索していたら、「株主優待番号販売」の文字が。

よく読むと、ネットで決済すれば即座に株主優待番号が送られてくるようです。

詐欺じゃないよね?

ドキドキしましたが、失敗しても数千円です。すでに羽田空港に着いたタイミングだったのですが、意を決してやってみることにしました。

まず株主優待チケットを公式サイトで予約する。

株主優待番号を買っても、チケットが取れないと元も子もないので、先に航空会社の公式サイトから株主優待チケットを予約します。

私の場合は通常料金は37790円ですが、株主優待チケットなら19040円です。

私が選んだサイトでは4700円で必要な株主優待番号が買えたので、実質23450円で航空券が買えたことになります。

株主優待番号販売サイトで番号を購入。

次に株主優待番号販売サイトで必要事項を記入し、クレジットカードで支払いを済ませると、登録したメールアドレスあてに番号とパスワードが送られてきます。

再度、公式サイトで番号を登録し、株主優待枠のチケットを購入する。

再び航空会社のサイトへ行き、すでに予約済みの航空券に株主優待番号を登録。実はこの番号とパスワードがとても長く、一回ではコピペできない仕様だったので、空港のベンチに座って転記するのが一番大変でした。

株主優待登録が終わったら、普通に航空券を購入しておしまいです。

優待番号の販売サイトにも詳しく手順が書かれているので、やる事自体はそんなに難しくありません。

知っている人は知っているのでしょうが、飛行機に急に乗る時にもまだ安く乗れるのは驚きだったので、ブログに書いてみました。

こんな記事も書いています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

こちらも注目されています。

アンビー英語絵本クラブ

お子さんの英語教育に不安を感じていませんか?

アメリカの音声つきオンライン絵本が読み放題+どこでも読める!無料アプリ +週一回のサポートメール

広告