自分の強みを表現するって難しい。「モヤっとをスッキリするノート術」発信編

先月から、女性起業家向けに自分の強みを再発見して、それを仕事に反映させるための講座を行っています。

本来はビジュアルを使ったノートの取り方をお伝えしているのですが、その要素の中にある思考の整理の部分を抜き出してビジネスに役立つように作り直した講座です。

自分の強みを一度きちんと見直して、それをお客様に伝わる形、今回は手書きチラシの上に表現するワークをします。自分ではモヤッと分かってる自分や自分の商品の良さも、いざ言葉にしようと思うとできないものなんですよね。

ちゃんと可視化したんだけど、やっぱり伝えきれないものです。

前回は、自分の強みを紙の上に書き出したりまとめたりしたのですが、チラシやレターという形に表現すると、ぼんやりとして伝わらない表現になりがちだなぁと感じました。多分、頭の中にあることを言葉を介して第三者に伝えることに慣れていないせいなんです。

意識して自分と向き合う経験がないと、そもそも自分に素晴らしいところ、誇れる所があることすら気付かない人も多い気がします。

それでもちゃんとシートを作ってあったり、チラシという目に見える形があるからこそ、それを見た私(第三者)が「こんな強みがあるのに書かないなんてもったいない!」と言えるのであって、可視化するツールがなければ、受講者さんと私で情報を共有することすら難しかったと思います。

自分の良さをアピールすることに慣れていない私たち。

普通に暮らしていると、自分の良さをアピールしなければいけない場面はほぼありません。むしろ謙遜すること、慎ましくすることを教えられて育ってきた人が多いのでは?私自身も事業主になったばかりのころは自分の強みや長所をアピールすることは苦手でした。なんだか自慢をしているみたいに思えて落ち着かなかったのです。

ですが、仕事を始めると自分や自分のサービスで「ここが自信がある」と伝えられないと何も始まりません。

サービスを買う時に多くの人が「少しでも良いもの」を買いたいと考えます。

「自分のサービスはここが良いから、こんな風にあなたの役にたてる」と表明しないことは、お客さまに「何にも言わないけれど、自分の良さを察してくれ」と甘えているのと同じだよなぁと、次第に思うようになりました。

嘘を言ったり話を盛ったりするのは、もちろんやってはいけないけれど、ちゃんと自分が大切にしていること、自信がある部分を伝えることは「こんなサービスを探している」という人と出会うために必要なことだと思います。

強みというから抵抗があるのかな。次回からはお客様に貢献できるポイントと表現を変えてみようかなと思っています。

次回はチラシの完成を目指します。

こんな記事も書いています。

 

Posted from SLPRO X for iPhone.

こちらも注目されています。

アンビー英語絵本クラブ

お子さんの英語教育に不安を感じていませんか?

アメリカの音声つきオンライン絵本が読み放題+どこでも読める!無料アプリ +週一回のサポートメール

広告