カヤックのUN高に登録してみました。フザケた名前のオンライン講義なのに、講師陣はとっても気になるラインナップ。

先日、エイプリルフールの深夜になんとなくネットを見ていたら、変な記事を目にしました。

IT×グローバル社会に通用する人材を生き抜く”創造力”を身に付け、世界で活躍する人材を、うんこに例えて育成する。

 

さまざまな業界のトップランナーを講師に迎え、彼らの仕事術やライフハック術をすべて「うんこ」に喩えて教わる、超新感覚のオンライン講義サービスです。

・・・「は?」

【エイプリルフール】カヤックがウン億円かけて『UN高』を大量メディア露出! | 面白法人カヤック

おそらくこの、カヤックという会社が仕掛けたメディア戦略の1つが私の元にも届いたんですね。

昨年うんこドリルが話題になった時、「大人編はないのかーーーー、つまらないな」と思っていたので、「ナニコレ?大人向けのヤツですか?」と、眠い頭も手伝って、つい登録ボタンをポチしてしまいました(後で分かったのですがうんこドリルとUN高は何の関係もありませんでした)。だって18回の講義で3800円ですよ?びっくりのコスパです。

先日、第一回の講義を聞きましたが、この金額でちょっと気になる人の話をたっぷり聞けるので、かなりお得なサービスだと思います。

配信元のカヤックについて

実は昔からカヤックという会社のことは知っていました。たしかどこかの本屋で、カヤックの設立者の柳澤 大輔さんが書いた「空とぶ思考法」を偶然手にとったのが最初だったと思います。

サイコロで給料を決めたり、似顔絵を有名漫画家に描いてもらった漫画名刺を社員に持たせたり、面白い会社だなぁとその後もなんとなく好感を持って眺めていました。

カヤックは色んな事業を手がけていますが、主にゲームやスマホのアプリなどを作っているらしいです。2014年の末には 東京証券取引所マザーズに上場しています。

今まで私自身はカヤックにご縁はなかったのですが、応援している会社が成長していて、ちょっと嬉しい気持ちです。

UN高の講師陣が気になる

そんなフザケた名前なのに、講師陣はとっても気になるラインナップです。

  • 『宇宙兄弟』の編集者だったコルクの佐渡島 庸平さん
  • 『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』の著者の吉田尚記さん
  • 『天才たけしの元気が出るテレビ』『とんねるずの生ダラ』『ウッチャンナンチャンのウリナリ!』などを演出・プロデュースしている土屋 敏男さん

他にも、私が知っている人も知らない人も、講師の方の方の経歴が面白くて、これはいい話が聞けそうです。

実際に聞いてみて

第1回の講義はすでに配信されていて、テーマは「ブレスト(ブレインストーミング)」についてです。カヤックの柳澤 大輔さんが講師でした。

普通にブレストの利点なんかを話せばいいのに、かなり無理やり「ブレストはトイレトレーニングだ」なんて、話をウンチネタに寄せているところが苦しいです。あーあ、いい大人が。

まぁ、そんなところが馬鹿馬鹿しくて気に入っているんですが。

内容としては、カヤックがどのようにブレストを取り入れているのかについてや、ブレストを円滑に進めるためのちょっとしたコツなんかを話していて、結構真面目。私は気楽に面白く視聴しました。

なんといっても3800円はリーズナブル。

これだけの回数と時間、講師陣で3800円は破格だと思います。

まだ1回目の配信しか見ていませんが、私としては面白い買い物をしたなぁと満足です。

 

こんな記事も書いています。

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

こちらも注目されています。

広告