政情が不安定な地域に行く時は、たびレジに登録すべき。【セブ英語留学日記】

政情が不安定な地域に行く時は、たびレジに登録すべき。【セブ英語留学日記】

現在、フィリピンのミンダナオ島では政情不安があり、今日現在、解決のめどが立っていません。

この事はあまり日本で報道されていなかったので、気付いたのは航空券も準備し、本格的にフィリピンへの語学留学の準備を始めた最近のこと。

外務省の海外安全についてのサイトを見ると、ミンダナオ島はレベル3の渡航禁止勧告地域ですが、セブ島は他の東南アジアの変わらずレベル1の注意すべき地域のレベルです。今のところ、日本の方も通常通り旅行や滞在しています。

画像は海外安全ホームページ: 危険・スポット・広域情報からお借りしています。

 

しかし、ミンダナオ島とセブ島はすぐ隣に位置していて、少ししか離れていません。

不安ですし、どうしたものかと様子を見守っていますが、まずは「たびレジ」に登録する必要性を感じています。

たびレジ

たびレジとは、日本の外務省による、在留届の提出義務のない短期渡航者を対象にした登録システムです。登録すると滞在先の緊急情報や安全情報をメールで受け取ることが出来ます。

たびレジ – Wikipedia

たびレジに登録しておけば、外務省が発信する現地でも安全情報を手に入れることが出来ます。最近はどの国でも思わぬ事件に巻き込まれる危険があるので、必ずたびレジには登録しておくべきだと思います。

とりあえず心の準備と情報収集はしておこうと思う。

よく考えてみれば、日本も、弾道ミサイルが飛んできた時の瞬時警報システム(Jアラート)の報道をしていたり、周りが安全かと言えば決してそうとも言えません。外国からの旅行者目線で見ると、同じような気持ちになるのかも。

とりあえず、フィリピンの最新の情報を集めることと、何かあったらどのように行動するかは考えておこうと思います。

先日、危機管理の専門家が言っていましたが、「前もって色んなケースを想像しておく事が、身を守ることになる。」のだそうです。

  • 爆発が起きたら、伏せて、身を守る。爆発地点と反対側に頭を向けて伏せる。
  • 通常の出入り以外にもう一つ別の出入り口を確認しておく。

など、調べると色々な情報がありました。

本当はこんな事は想定したくはありませんが、出来ることはしておこうと思います。

外務省 海外安全ホームページ

こんな記事も書いています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。
コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)