「女性起業家のモヤっとをスッキリ」セミナーをしました。大事な部分は意外と言葉に出来ないものです。

今日は午前中、女性企業向けに自分の強みを言語化するセミナーを行いました。通称「モヤっとスッキリ」セミナー。

普段、何となく「こうだろう」と思っている自分や自分の仕事上の強みを棚卸しして言語化するのがゴールです。

このセミナーは2度目なのですが、同じ内容でも、その日いらっしゃる人によって掘り下げるべきところは違うので、ヒントを出したり、ちょっと意地悪な質問をして新しい視点を持ってもらったりと私の役割が変わったりします。

あえて、普段聞かれないだろうことを聞く。

今日は比較的、新しい事を考えてもらう事が多かった気がします。

この3月に仕事を興したばかりの方が来てくださっていました。実際にオリンピック選手にも使われていたイメージトレーニングを勉強されて、お仕事に活かそうとなさっていたのに、いま時点で使ってらっしゃる肩書や紹介してくださった事例では「この人に仕事を頼みたい!」と思えるまで自分の良さが語られていないような気がしたので、「イメージトレーニングって、どういうふうな仕組みでイメージしたとおりに望んだことが現実化するのですか?」と事細かに質問しました。

みんなが知ってる言葉って、伝わるようで伝わらない。

もっともっと具体的で、なぜそれが良いサービスなのか理由もしっかり話せたほうが良いと思ったので、しつこく(笑)聞きましたが、普通、そんなこと正面から聞いてくるお客さんはあまりいないですよね。

でも、この質問が自分のサービスの良さを具体的に表現するキッカケになったようで良かったです。そこは説得力を持って語るべきところなので、もう一度ご自分の経験を整理して言葉にするのって、絶対やっておくと良い作業です。

その他にも、「あ、これは書き留めておきたい」と思った事もあったのですが、今日はなんだか疲れて集中力が続きません。

日記風な記事になっちゃいましたが、今日は短めにしておきます。

こんな記事も書いています。

こちらも注目されています。

アンビー英語絵本クラブ

お子さんの英語教育に不安を感じていませんか?

アメリカの音声つきオンライン絵本が読み放題+どこでも読める!無料アプリ +週一回のサポートメール

広告