伝わる英語発音講座@東京 11月19日

オリンピックはもうすぐ! 世界の人を英語でもてなそう。

(本文はお知らせの下にあります)

お申込はこちら

「北欧の風 道の駅とうべつ」駐車場へのルートは2つあったが、一長一短。【札幌近郊の直売所】石狩近郊の ドライブで行ける新鮮野菜が買える場所。

「北欧の風 道の駅とうべつ」駐車場へのルートは2つあったが、一長一短。【札幌近郊の直売所】石狩近郊の ドライブで行ける新鮮野菜が買える場所。

オープンして2日目の「北欧の風 道の駅とうべつ」に行ってきました。337号線、当別バイパス沿いの景色のいい場所です。

札幌に一番近い道の駅だそうですが、当別の新鮮な野菜と幾つかの魅力的なショップやレストランが入っていて、しばらくは混雑しそうです。

広告

野菜直売所について。

近くの農家さんが作った新鮮な野菜が売られています。価格は市内のスーパーより安いか大体同じくらいです。私が行った9月の末ころだと、カボチャ、とうもろこし、ジャガイモの種類の多さが圧巻でした。色々買って食べくらべてみるのも面白そうです。

▼野菜直売所の全景。野菜や花の苗、加工品、米など一通り揃っています。

▼ロイシー、プラチナ、おひさま、恵味ゴールド、雪の妖精と様々な品種と色の中から選び放題。9月で旬の終わり頃ですが、甘くて大きい立派なとうもろこしが並んでいました。

▼この棚すべてがカボチャ。皮が白いカボチャは家でも冬至の頃まで保存できます。

▼ジャガイモ。これも種類が豊富。キタアカリや男爵など馴染みの品種から買ったことのない品種まで色々あります。

▼花コーナー。この手前の丸いかわいい実がついたシンフォリカルポスを買いました。ひと枝が大きいので使いごたえがあります。

▼もちろん普通のお野菜も。誰が作ったか壁に写真入りで各農家さんの名前リストが貼られていました。

道の駅

▼オープン前からTVで放送されたりしていたので、すごい人気です。正面からすぐ右手に当別の特産品やお土産コーナーがあり、奥に向かって食べ物のコーナーが広がっています。パン、ロイズ、一久大福堂やつじの蔵や当別のスイーツなどが買えます。

▼メインのレストランはイタリアンのテルツィーナです。中に入るのに並んでいます。オープンした週に来てしまったので予想通り混んでいます。その他にもレストラン Ari、高陣 CUP STORE、スマイルキッチンなどテイクアウトも美味しそうです。

▼野菜を買って、ロイズのソフトクリーム300円で一休み。超濃厚でウマウマです。

 

しばらくは道が混んでいそうです。

さて、オープンの週は予想通りの混雑です。通常は当別バイパスから道の駅に入るのが順当なルートですが、朝10持頃にはすでに長蛇の列。バイパスは逆車線からでも入場待ちの車の列が出来ていました。

写真の黄色い星印が駐車場入口です。道の駅に入る入口は、この一箇所しかありません。

私たちはバイパスの車の列を避けて反対側(写真下側)の農道に並びましたが、どちらも一長一短です。どちら側に並んでも、バイパス側の車、農道側の車と交互に入り口で誘導されて駐車場に入っていくので、結局はどの道を通っても同じ入り口に向かって並んでいることになります。

バイパス側に並ぶと列は長いですが、途中で離脱することが出来ます。下側(農道)側は裏道になるので列は短いものの、一度並ぶと抜け道がほぼないので並ぶのに覚悟が必要です。

▼農道側の列。片側一車線ですが狭いので、Uターンして引き返すのは難しいです。

オープン時の混雑が収まっても、天気のいい休日やイベント時には同じように混雑しそうです。ただ、農道側は待っている間も見通しの良い北海道らしい景色が楽しめました。

ちょっと札幌から遠出をした気分になって楽しい休日が楽しめましたよ。

基本情報

住所:当別町当別太774-11 北海道 石狩郡

営業時間:10:00~18:00
TEL:0133-27-5260
HP:北欧の風 道の駅とうべつ
Facebook:北欧の風 道の駅とうべつ

こんな記事も書いています。

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

広告

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)