【石狩近郊・東札幌の野菜直売所】 札幌市白石区 菅野農園 街の真ん中 でめずらしい野菜を畑から直接収穫

【石狩近郊・東札幌の野菜直売所】 札幌市白石区 菅野農園 街の真ん中 でめずらしい野菜を畑から直接収穫

札幌市白石区の東札幌図書館の近くには、マンションや住宅の間に突然こんな畑があります。「菅野農園」さんです。たまに通りかかるのですが、いつも既に直売が終わった時間でい買い物をした事がありませんでした。

先日TVの取材があったようで(私は見なかったのですが)、色々と変わった野菜があるらしいよと教えてもらったので、早起きして行ってみることにしました。

▲畑にはこんな登りが立っています。

▲菅野農園の方に色々とお話を伺いました。フランスに5年いらしたそうです。それで西洋野菜にもお詳しいのかもしれませんね。私がいた時に丁度フランス語圏のお客さんが来ていて、フランス語で応対されていました。お忙しい中、私の質問にも丁寧に説明してくださって感謝です!

▲ずーっと続く広い畑に直接入って自分で野菜を選んで、後でまとめて精算するシステムです。ズッキーニなど、一部の野菜はデリケートなので農園の方に取ってもらいます。ハサミと袋を借りて、いざ!


▲まだ若いズッキーニ。私は8時半に現地に着いたのですが、もう殆ど野菜が残ってない!もっと早く来ないと人気の野菜はゲットできないみたいです。

▲野菜は多品種を少しづつ作られていて、見ているだけで楽しい!写真はローザビアンカというナス。ナスは他にも天狗黄緑光、キヌヒカリ、ピンクヒカリ、うぐいすなす、スレンダーなめらかバイオレットなど数えきれないほど立て札が立っていました(現地で急いでメモったのでナスの名前は間違えているかもしれません)。

同じく、マイクロトマト、ローマ種などトマトも多種多様な種類が栽培されています。

トウモロコシをはじめ、普通の野菜もあるのですが、レストランなどで見かける西洋野菜がたくさんあって、テンションがあがってしまいました。

▲畑は7時半からオープンで、近所の方や常連さんに人気なのでゆっくり行くと完売の可能性大です。少し前までは枝豆が大人気でオープン時間に行っても手に入るかという状態だったそうです。

この畑、柵も何もないので「心無い人が、誰もいない時に野菜を持って行ったりしないんですか?」と伺うと「たまにはそんな人もいるが、近所のマンションの方がお客さんなので何も言わなくても監視してくれている」んだそうです。そういう繋がりって、いいですね。

また早起きして伺いたい直売所でした!

基本情報

菅野(かんの)農園

住所:札幌市白石区東札幌3-3
営業時間:朝7時半~午前10時(雨天休業)
営業時期:7月終わり頃~11月上旬まで(2016年の情報です)

札幌近郊の野菜直売所についてはこちら。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)