「当たり前じゃん」を戒める。

「当たり前じゃん」を戒める。

本は知識を与えてくれますが、それに頼ると頭でっかちになりがちな気がします。

知識がある事は大切なんです。

ずっと前に読んだ本のおかげで、Aという出来事とBという出来事との類似点や関係が、ぱぁっと繋がって見えることがあります。解決も早いし、進むべき道も即決できます。

でも、この前ハッとしたのは「当たり前じゃん」と思っている自分がいたこと。

知っているつもりになっているだけ。

「当たり前じゃん」って不遜なことばだなって思います。そばで見ていて、やらない人の発することば?

でも、知らず知らずに使っていました。

やってみたら、ぜんぜん違うかもしれない。

すなおに飛び込んでみたら、どきどきするような新しい発見ができるかもしれない。

だれかといっしょに、何かを経験して、いっしょにやったね!と分かち合えるかもしれない。

「当たり前じゃん」と思うことで、それを全部うしなってしまうと思いました。

本で得ることは、しょせん借り物の体験。

自分でやってみることの方が何倍も大事。

あぶない、あぶない。当たり前じゃん、と言っている自分がいたら気をつけなきゃ。

こんな記事も書いています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)