タラレバもいいけど、東村マンガは「かくかくしかじか」が大人の心に刺さる。【書評】

タラレバもいいけど、東村マンガは「かくかくしかじか」が大人の心に刺さる。【書評】

東京タラレバ娘がドラマ化されて、ちょっと話題になっていますね。

原作の東村アキコさんの漫画は好きで色々と読んでいます。スピード感と笑える設定が持ち味ですが、彼女の自伝的な作品「かくかくしかじか」は2015年のマンガ大賞に選ばれています。

この「かくかくしかじか」は、ホリエモンさんが勧める漫画リストで見かけて読んだのがキッカケで、その後、東村作品のファンになりました。「かくかくしかじか」は、面白いだけではなくて大人だからこそ味わえる深いストーリーです。

こんなお話です。

地方の漫画家を夢見る普通の女の子だった東村アキコが美大を目指すことになり、「日高絵画教室」に美大受験準備の為に通い始めます。彼女に絵を教えた日高先生と東村アキコとの長きに渡る交流が軸になった自伝ですが、笑える要素もありながら読後感は様々な感情が入り交じるストーリーでした。

読み終わった時の何とも言えない様々な感情・・・というのが大人向けと私がブログタイトルにつけた理由です。

登場人物の人間臭さがいい。

登場する少女時代のアキコさんも日高先生も、すごく人間臭くて不器用で、こうしたらもっと上手くいくのにと読んでいる自分はハラハラしますが、それがこの漫画の魅力でもあります。

単純に美大受験ってこういうものなのかとか、美大ってこういう場所なんだ、という視点でも楽しめます。

東村さんって超絶仕事が早いんですが。

東村アキコさんは多作で、仕事が非常に早いです。しかもシングルマザーで幼いお子さんを抱えていた時は子育てのため、確か9時~6時で仕事を終えていたという働きぶり。

デキルる女なんです。(すごく笑える漫画なので作品からはそんな雰囲気はしませんけど)

でも今の彼女を支えているのは、この日高先生の教えだと「かくかくしかじか」を読むと分かります。何故かはネタバレになるので書かないでおきますね。

東京タラレバ娘がドラマになって、テレビで番宣を見かけるようになったので、思い出して紹介してみました。

*2017年1月31日までなら、キンドルで1巻のみ無料で試し読みになっていました。このブログを書くのにダウンロードしちゃったので、また読んでしまいそう。

こんな記事も書いています。

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)