ウチワエビを初めてさばいて、刺し身と味噌汁にしてみました。思ったより簡単!

ウチワエビを初めてさばいて、刺し身と味噌汁にしてみました。思ったより簡単!

ふるさと納税の返礼品でウチワエビが届いたので、さばいてみました。

ウチワエビってどんなもの?

静岡あたりまでの日本の西側で取れるようですが、産地としては長崎県が有名なようです。私も長崎県以外で食べたことがありません。

長崎に旅行した時、味噌汁や刺し身など何度も食べる機会があり、長崎の方にはとても馴染み深い食材なんだなと思った記憶があります。

ウチワみたいな形がユーモラスで印象的なエビについて書こうと思います。

ウチワエビ | 甲殻 | 市場魚貝類図鑑

YouTubeにて動画で予習。上手くさばけるかな?

全く料理したことがないので、Youtubeにて予習。

エビやカニは甲羅が固くてなかなか包丁が入らないし、抑えた場所にトゲがあると痛いので厄介です。この動画でも軍手をしていますが、手を傷つけないためにも軍手などは使った方がいいです。

その他にもネット上にたくさんのさばき方が出ています。

ウチワエビをさばく手順

  1. 背中側から頭と胴体の間に切れ目をいれます。
  2. 裏返して腹側から胴体と頭の接合部に同じく切れ目をいれます。
  3. 胴体を持って、頭から引き抜くように胴体を外します。
  4. 腹側から胴体の両サイドに切れ目を入れて腹の殻を外します。なんだかシャコの捌き方と似ています。包丁で上手くいかなさそうなら、キッチンバサミを使うと意外とキレイに切れます。
  5. 腹の殻から身を外し、次に背中側の殻から身を外します。ここは慎重にいかないと身を崩してしまうので注意です。カニフォークを使うと上手くいきました。
  6. タマゴ(写真頭部に見えているオレンジ色の部分)を取り出します。これもカニフォークを使ってそっと出しました。
  7. 身とタマゴを氷水で振り洗いして完成。

IMG_7871

▲写真は胴体の身を背中から外したところです。

思いのほか上手くいきました。

他のエビやカニは甲羅が固かったり、やることが多くて大変なのですが、ウチワエビは数カ所包丁を入れると外れてしまうので予想に反して簡単に出来ました。

イキが良ければお刺身に、塩焼きやパスタソース、色々なレシピで使えます。

残った殻も味噌汁などに入れるといい味が出るので、捨てないで試してみてください。

ウチワエビの簡単レシピ・伊勢海老みたいなウチワエビの味噌汁 – 魚料理の簡単・おいしいレシピ集

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。