今年最後の家事効率化。ホットクックのスペアの内鍋を買っちゃいました。

2018年に買ってよかったものとして、ホットクックがあります。

2018年に買って良かったもの ベスト5 – アンビー 

ホットクックを買って大助かり

ホットクックを買ったことで、自分がキッチンにいなくても出来る料理が大幅に増えました。

夏には朝採りのコーンで甘いコーンスープを作ったり

ちょっと味がぼけてきたりんごでコンポートを作ったり

もちろん毎日のおかずもホットクックだのみです。

どうしたら今の環境でもっと効率化できるか?

ホットクックには大いに助けられたのですが、残念なのは同時に幾つもの料理が作れないことです(鍋が1個しかないので当たり前ですが)。それぐらい便利でやみつきになっているのですが、置く場所と電源、そしてコストの問題でもう一つホットクックを買う選択肢はありませんでした。

じゃあ、どうしたらもう少し調理時間を短くできるかなと考えたとき、結構な頻度で鍋が空いていないので1度の調理でひと品しか作れないのだと気づきました。

シチューやカレーなど作った後、機械自体は使えるようになっているのですが、調理済みの料理が内鍋に入っていると、それを別の鍋に移し替えて内鍋を洗い、またセットするのは面倒です。それでコンロで普通に副菜を茹でたり調理したりしていて、ホットクックが空いてるのに鍋が塞がってて使えないなんてもったいないなぁと思っていました。

もう一つ内鍋を買って、次の料理をスタンバイしておけば、出来上がったら次の鍋をセットしなおせば、キッチンにいる時間は大幅に短縮できます。

という事で、昨日ビックカメラで内鍋注文してきました!

年内だとLINE Pay払いで2割戻ってきますし。

なかなか良い買い物が出来た気がします。

スケッチノートに役立つ本

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

この記事を書いた人

ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。

こちらも注目されています。

広告