時計ベルト専門店【 mano a mano】、Apple Watch用の替えベルトが自由に選べるところが気に入っています。

先日、Apple Watch用の替えベルトを購入しましたが、その際に利用した時計ベルト専門店について書きたいと思います。

時計ベルト専門店【 mano a mano】製のベルトの特徴。

時計ベルト専門店【 mano a mano】さんは普通の時計用の交換ベルトのショップなのですが、Apple Watchの認定金具、オリジナル互換金具も扱っているので、その金具を使うことにより300種類以上の組み合わせが作れるのだとか。

こちらのベルトの特徴は・・・

イタリアから取り寄せた本革ベルトなど、種類が多い。

【 mano a mano】さんは、イタリア「MORELLATO(モレラート)」の時計ベルトが看板商品ですが、その他にも別のイタリアメーカのものやオリジナル商品など4,000種類以上の品揃え。この70年以上の歴史があるモレラート社のベルトはヨーロッパで一番売れているんだそうです。

私が買った SOCCER(サッカー)という商品もこのモレラート社のベルトです。

高級感のある金具。

厚みがあって作りがしっかりしています。手に持っても「あ、いいものだな」という感じがします。こういったディテールが安っぽいと全体の雰囲気に影響するので意外と大切。

サービスがしっかりしている。

私の場合、女性で手首が細いので男女兼用のベルトではベルト穴が足りなそうでした。そこで、どうしたらいいか問い合わせると無料でベルト穴を増やしてくれることを教えてくれました。Q&Aには注文の仕方がくわしく書かれています。

ご依頼の場合には、ケースサイズ(時計本体の縦幅)と手首周りを「ミリ単位まで」
ご注文の際の通信欄へお書き添え下さい。(※サイズ・商品によりましては不可能な場合あり)

問い合わせの電話に対する応対も丁寧でした。ネットで注文する時にキチンとケアしてもらえると商品に対する安心感が増します。

【番外編】自前のベルトをApple Watch用にするための金具も売っている。

実は【mano a mano】では自前のベルトをApple Watch用にするための金具もよく売れているみたいです。

私も丁度いいベルトを持っていたら、この金具を買って取り替えていたかも。

まとめ

色、素材感、デザインが色々あるので男女問わず希望のテイストを選べるところ、造りがしっかりしているところがとてもいいと思います。

一番人気はこのBOLLE(ボーレ)というシリーズだそうです。

こんな記事も書いています。

 

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

こちらも注目されています。

広告