【Apple Watch】おしゃれで高級感がある替えバンドをレビュー!本革なのに生活防水、しかもコーデを選ばない。

Apple Watchの純正バンドって種類が少ないし、お値段がちと高い・・・。でも、今はサードパーティー製品で色々な替えバンドが見つかります。その中でも「ちよっと人と違う」「ファッション性が高い」ベルトをずっと探していて、これ!というものを見つけたのでレビューします。

私がアップルウォッチを買うのを決めたのは、ショップスタッフのおしゃれなコーデを見たから。

Apple Watchの機能性の高さを知っていながら購入をためらっていたのは、そのApple製品らしいデザインが理由でした。よく言えばひと目でApple Watchと分かるくらい個性的なのですが、悪く言えば来ている服が霞んでしまうくらい目立ってしまう。時計はアクセサリーと同じで服と組み合わせて使うものだから、そんなに個性的なのはかえって使いにくいな、と買うのを躊躇していました。

そんな私がApple Watch、買ってもいいかも?と思ったキッカケは、いつもセンスがいいなぁと感心していたセレクトショップのスタッフさんが、センスよくApple Watchと服をコーディネートしているのを見たからでした。革ベルトのApple Watchは色や材質が服に合っていて、悪目立ちしないけれどカッコいい。

その後しばらくして発売されたApple Watch4はデザインが角丸になり、さらに時計らしくなってきたので購入を決意。Apple Watchを買うよりずっと前から替えベルトを探し始め、見つけたものが時計ベルト専門店【 mano a mano】製のベルトSOCCER(サッカー)です。

イタリア モレラート社製腕時計ベルト SOCCER(サッカー)の特徴

目移りするほど多いベルトの中で、私がSOCCER(サッカー)というシリーズを買った理由とそのレビューです。

牛革でありながら生活防水。裏地にも特徴がある。

Apple Watch4の特徴の一つは高い防水機能です。せっかく本体に防水機能があるんだったらベルトも防水性能があるもので水濡れを気にせずに使えたらいいなぁと思っていました。

すると【 mano a mano】というショップに本革なのに防水加工をしてあるものが何種類もあります。その中でもカーフ素材を防水加工したサッカーというモデルが断然気に入りました。

アリゲーターの型押しをしたカーフ素材にラバー加工をしています。そのせいか普通の牛革よりちょっと硬いかなといった印象を受けます。毎日着けていると徐々に手首に沿った形になってくるので硬さが問題になることはありません。

文字盤はリキッドメタルという背景。水紋がずっと動いているのが素敵です。

つや消し仕上げなので、それを知った上で至近距離からじっくり見ると加工した感が分かるかもしれませんが、手に巻いて他人から見ると丁寧に刺されたステッチや品のあるベルトパーツなどに目がいって、ラバー加工に目が行くことはありません。

裏地も写真のように水に強く、凸凹していて蒸れない仕様になっています。

アップル社の認定を受けたパーツを使っている。

サードパーティーが作ったバンドは壊れたりしないか心配ですが、このシリーズはアップル社が出しているガイドライン” Band Design Guidelines for Apple Watch”の基準をクリアーして、アップル社の認定を受けたパーツを使っています。

私は他にも替えベルトを買って用途や服装に合わせて差し替えたいので、接続部分の品質がしっかりしているのは安心できます。

カラーバリエーションが豊富で欲しい色が見つかる。

実はせっかくお金を出すのなら他で買えないような色がいいなと思っていました。その点、このsoccerはベルトカラーは8色、金具の色は3色の中から選べます。

自分の肌色にも似合う色で少しだけ女性らしさを出したかったので、私はグレーをチョイス。実際に着けてみてもキチンと感の中に柔らかい雰囲気があって大満足です。

8色全ての在庫がある訳ではなく、あまり数が多く出ないような色は設定があっても欠品している場合があったので気をつけてください。

ヨーロッパで一番売れている会社モレラートのベルト。

このSoccerはイタリア「MORELLATO(モレラート)」の時計ベルトを使っています。70年以上の歴史があるモレラート社のベルトはヨーロッパで一番売れているんだそうです。その他にも【mano a mano】で扱っているベルトは別のイタリアメーカのものやオリジナル商品など4,000種類以上の品揃えがあります。

色々見ていると他のベルトも欲しくなって、艶ありの紺色もいいし、ベージュもいいな・・・と思っています。

まとめ

意外と人目に触れる時計は、その人の趣味やセンスが現れるところです。この時計ベルト専門店【mano a mano】のバリエーションの多さや金具の質の良さはそれに答えてあまりあるコスパがあると思います。

【mano a mano】さんは他にも沢山の替えベルトを扱っているので、きっと気に入るものが見つかるはず。どれがいいかなぁと眺めるだけでも楽しいですよ。

こんな記事も書いています。

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

こちらも注目されています。

広告