3分間ギフト

私にはブログ仲間がいて、facebookには毎日その方達のブログが流れてくるのですが、数日前に見て心に深く残ったブログがあります。

ブログの名前は365colors。あ、私のドメイン365good.jpと似ている・・・親近感を感じます。

 

3分ギフトとは?

3分だけ自分の手を止めて、相手の話を聞く。ただそれだけの事ですが・・・

自分の時間をまるごと3分間、大切な人に贈る。

これはどんな物よりも
心通わせることができる最高のギフト。

(中略)

3分間ギフトは、相手の話しに、
ただ黙って、うなづき共感する。
言葉でなく感情に意識を向ける。

本当は家族は一番大切な存在だけれど、毎日いっしょにいると、つい慣れが出ていました。大事にしたいと思っていても、目先の用事に気を取られて上の空で聞いていたり、自分の考えを押し付けていたり・・・最近、自分の普段やってることって、イマイチだなぁとボンヤリ気になっていました。

何気なくFacebookを見ていて、私の視界に飛び込んできた3分間ギフトという言葉。「ああ、そうだな、忘れていたなぁ」と胸にするりと入ってきました。

その後は、折に触れて「あ、3分ギフト」と思い出しています。3分ギフトという言葉は、短くて内容をギュッと表していて、とても思い出しやすいのです。

私にしてあげられること。

大人も子どもも、共感してもらうと心が満たされます。もちろん、私も。

家族に何かしてあげたいなぁと思って、美味しいものを作ったり、何か買ってくるのもいいけれど、もしかして、私が出来ることで一番な贈り物って、手を止めて、うんうん、と話を聞くことかもしれません。

 

愛される、というほど大げさではないけれど、話を聞いてもらう、分かってもらうということは、人の心には、植物にとっての雨の様になくては生きていけないもの。何回聞いたら十分というのもないし、特別なイベントみたいに改まってするようなことでもないけれど、家にはそんな雰囲気がいつも当たり前にあるようにしたいです。

 

大切な人に、いざ何かしてあげようと思っても、それが相手が求めていない時も多いのです。だったら、時折降る雨のように、少し手を止めて家族の話を聞くようにしようと思いました。

とは言うものの、私は集中すると周りの音さえ聞こえなくなってしまうので、意識してないと、すぐ上の空になってしまいます。そんな時には、3分ギフト!

良い言葉を覚えました。

こんな記事を書いています。

こちらも注目されています。

広告