幼い頃に読んだ絵本にまた出会って、なんとも言えない気持ちになった。

幼い頃に読んだ絵本にまた出会って、なんとも言えない気持ちになった。

読み聞かせに使う本を探していて、偶然幼い頃に読んだ絵本に出会いました。

エリックカールの”1, 2, 3 to the Zoo”(邦題:1,2,3どうぶつえんへ )です。

貨車に乗った動物達が、動物園に連れられていくだけの話で一切文字もないのですが、1匹から順番に10匹まで数を増やしながら、色々な種類の動物が出てきます。

何度も何度も読み返して、動物の絵が目に焼き付くくらい眺めていました。

たぶん私はその本で1から10までの数を覚えたのです。

泣きたいような懐かしい気持ちに胸を揺すぶられた。

絵だけはっきり覚えていたけれど、タイトルも作者も全然知らなかった絵本です。

深い深い記憶の底に沈んでいて、何十年も思い出すこともありませんでした。

その本に突然出会って、何とも言えない泣きたいような気持ちになりました。

その絵を何度も見ていた他には何も情景は思い出さないんです。ただ、戸惑うくらい懐かしさでいっぱいになりました。

「あの時の本はこれだったのか」

 これが絵本の効用?わからないけど、幸せなことだ。

幼いころに絵本を与えると教育的に良いとか、情操が豊かになるとか色んな話がありますが、そんなことは脇においても、私が今、こんな気持になれるのは昔この本に出会っていたからです。

多分、文字も読めないくらい小さかった私が夢中になったもの、それにまた出会えて懐かしさに圧倒されたのは、とても幸せなことでした。

ああ、絵本っていいな。

▼英語版。色んなサイズや形式が出版されています。

こんな記事も書いています。

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。
コメント0
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)