字がなくてもストーリーを感じる美しい絵本です。 JOURNEY(著者:Arron Becker)コールデコット銀賞

先日ステキな絵本を発見しました。

洋書ですが、字はほとんどありません。

字がなくても絵を追っているだけで、ストーリーは分かります。と言うより、字がないからこそ世界が広がる気がします。

この本を開いている間、主人公と一緒に自分の心も翼が生えて旅をしているようです。

絵が素晴らしい絵本に贈られるコールデコット銀賞のメダルがついています。

日本語版も出版されていますが、字がないのであまり違いがないような気がするのですが・・・。書店や図書館で見かけたら、ぜひ手にとって欲しい本です。

こんな記事も書いています。

スケッチノートに役立つ本

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

この記事を書いた人

ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。

こちらも注目されています。

広告