一日一枚。写真を撮ることで構図のセンスと感度を鍛える。

前々から読みたいと思っていたブルーピリオドの1巻がKindleで無料になっているのに気がつきました。早速ダウンロードして読んでみたら、予想通りの面白さでした。

面白いというより、もっと知りたい、読みたいの方が近いかもしれません。

ざっくり言ってしまうと、まったく美術には興味がなかった男子高校生が東京芸術大学を突然受験することを決心したのが始まりで、彼の目を通して見る美術の世界や美大受験について描かれたストーリーです。作者の山口つばささんが実際に芸大を卒業した方なので、絵空事ではない現実に近い世界が描かれています。

その漫画で紹介されていた美術の課題が、私にも出来そうだったので、先日から少し意識してやっています。

一日一枚写真を撮ること。

やる事は、ただ1日1枚写真を撮るだけです。

それだけなので、とても簡単なのですが、印象に残ったものを撮ること、構図を考えること、できればブログやInstagramに使えるような写真を撮ることを考えて撮影するという条件をつけています。

そのお陰で構図を意識するようになるし、写真もたくさん撮るようになるし、この時はこういうものに惹かれてたんだなぁと残せて、なかなか良さそうです。

▼これは3月3日の寄席の打ち上げに向かう途中には撮ったもの。

▼カフェで。

▼家に飾ってあった花。いつもは撮らない角度から撮っています。

と言いつつ、そんなに外に出かけないので、いつまで続くか分かりませんし、Instagramやブログでまた同じ写真が登場するかもしれません。

ただ、こういう写真をたくさん撮影してしておくと、いざという時に結構使えて便利です。

こんな記事も書いています。

スケッチノートに役立つ本

英語関連の人気ブログ

「英語とインスタ」まとめ

札幌(石狩)近郊の野菜直売所

札幌からドライブで1時間前後で行ける新鮮野菜が買える場所のまとめです。

こちらも注目されています。

広告