「おたる水族館」小樽 味がありすぎる動物達がいる道内最大級水族館。

「おたる水族館」小樽 味がありすぎる動物達がいる道内最大級水族館。

私の中で、おたる水族館といえば「札幌近郊にあるイルカショーの見られる水族館」という認識でした。

イルカショーもあって、普通に楽しいけれど、美ら海や天保山ほどの規模でもなし、そんなに記憶に残ったり話題性のある水族館でもなかったのです。

でも、いつの間にか、ちょっと行ってみたい水族館になっていた!そんなお話。

スタッフの方が綴る動物たちの毎日が楽しいので、時々ブログをのぞいています。今回の記事もこちらのブログからのご紹介です。

 

広告

おたる水族館のペンギンたちは自由です。

 


ペンギンのお散歩イベントもコースアウトが日常茶飯らしいです。よその動物園で、列をなしてお行儀よく歩くペンギンを見慣れていましたが、勝手にしている方が生き物として自然だって忘れてました。おりこうさんにしていないペンギン達の方がほっとします。

極め付け。自分から就職?したトド達がいます。

 

おたる水族館には外海とつながったプールがあり、そこに大きなトドがいます。私がトドを見たのはおたる水族館が最初でした。トドの真ん丸な目はちょっと夢に見そうなくらいの怖さです。


小樽水族館には海から自分でやっていたトド達がいるそうです。

 

きっとスタッフの方が見せ方を工夫されているのでしょうが、また行ってみたくなってしまいました。

基本情報

【基本情報】
〒047-0047  北海道小樽市祝津3-303
9:00~17:00(時期により変動有り)
駐車場あり(約1,000台)

おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

こんな記事も書いています。

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

広告