今年のふるさと納税は早めに頼んでしまうつもりです。総務省の通達「返礼品は寄付額の三割が望ましい」を知って。

今年のふるさと納税は早めに頼んでしまうつもりです。総務省の通達「返礼品は寄付額の三割が望ましい」を知って。

4月は色々と気ぜわしいのにも関わらず、間をぬってふるさと納税の申請を終わらせています。

遅ればせながら、去年初めて参加して、大体自分の好みのものとか、お得なものが分かってきました。

今年はちょっと違う返礼品も頼んでみようかなと、のんびり構えていたら、総務省が返礼品を寄付額の3割が望ましいと通知を出した事を知りました。

返礼品、寄付額の3割まで=ふるさと納税で要請通知-総務省:時事ドットコム

「さとふる」を見てみたら、後で申請しようと思っていた自治体の返礼品が頼めなくなっている。

自治体によって対応は様々ですが、総務省の要請を受けて返礼品の見直しをしているところも出てきています。

この通達が出た後に、お得だったり魅力的な返礼品が新しく増えてくるとは思えないし、申請するつもりだった市町村の返礼品も3割以上の価値があるので、いつなくなってしまうか分かりません。

私のように駆け込みで頼んでしまう人が多ければ、募集人数に早めに達してしまう可能性もあります。

もう今年の分は出来るだけ早く頼んでしまうことにしました。

そうでなくても忙しいのになぁと一瞬迷いましたが、一気に頼んでしまえば時間の節約にもなると思い直しました。

返礼品を選ぶ際には、こちらのサイトを参考にさせてもらいました。

還元率100%超も!ふるさと納税コスパランキング2017最新版ベスト10! | ふるさと納税特産品還元率ランキング

2017年のふるさと納税は早期参戦がベスト!お得な自治体は爆速で終焉する傾向

他のサイトも見てみましたが、こちらの二つはコマメに最新情報を反映しているようですし、人気があるもの、お得なものが分かりやすく網羅されていました。

還元率など気にせずに気に入ったものを探す時も、人気のある自治体はどこなのかチラッと頭に入れておくといいかと思います。

還元率=量の多さとも言えるので、量より味を優先するという考え方もあります。美味しいと評判の返礼品もなくなりやすい傾向になるので、今年はとにかく早めに頼んでしまいます。

こんな記事も書いています

Posted from SLPRO X for iPhone.

The following two tabs change content below.
ニコ

ニコ

札幌市を中心に、英語レッスン、インテリア・収納のご相談を承っています。このブログは、ことば、暮らし、読み書きについて書いています。楽しく書いていきたいです。詳しいプロフィールはこちら。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)